トップイメージ
フリーローンなどの支払方式というものはローン会社それぞれで相違というものがあって多様なやりようがとられてます。一般的にはスライド方式やリボルディング払方法が多いみたいです。かようなほとんどの人が知ってるリボルディング払でも、本当のことを言えば勘定手法にはいろんな形式といったものがあります。それゆえそのよう方法に応じて返済総額が違ってしまうので、理解していて損はないはずです。そうしたら易しく2つのメソッドの差異についてを説明していきましょう。ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いというものです。両者は読んで字のごとく元本を均一に払っていくのと元金と金利に関してつごうで均一に返済していこうという方式です。今回のケースではもし10万円をカードローンをしたと設定し実際問題としてどんな勘定をするのかみてみます。利息はどっちも15%と仮定し算定します。更にまたリボルディング払の額を1万円とし計算します。差し当たって元金均等払いです。こうした時のはじめの返済については1万円に対して金利分1250円を足した支払となります。次の返済に関しては1万円に利率の1125円を合計した金額になります。こういうふうにして10回分にて引き落しをし終えると言う方式となります。他方で元利均等払いというものは初回の支払は1万円でそこから元本に8750円、利率に1250円という感じで割り振ります。次の支払は元本が8750円に減少した状態にて利子を算出して、1万円を更にまた分配します。すなわち元利均等払いの事例では10回で支払いが終わらない計算になるのです。こればかりのへだたりで双方がどれほど相異なっているのかたっぷりとご理解頂けたことかと思います。元利均等というものは元金均等に比べて、もと金が縮小するのが遅くなっているといった不具合というものが存在したりするのです。即ち利子というものを多く支払うといった状態になってしまうのです。一方、初回の支払が少額で済んだというメリットというものもあったりするのです。こんな支払手法に関する差異により支払合計額というのが違ってきますから自身の好みに合致する計画を取るようにしましょう。

リンク

Copyright © 1998 www.caboblancorestaurant.net All Rights Reserved.